Managed Service Security

日本シーサート協議会に加盟しました

日本シーサート協議会に加盟しました 2019-07-11Leave a comment

FIXERの三井です。セキュリティを担当しています。

FIXERには、セキュリティチームであるCSIRT(シーサート)があります。名称を「FIXER Cyber Security Center」、略して「FCSC(エフ・シー・エス・シー)」といいます。

この度、FCSCは、日本シーサート協議会に正式に加盟しました。

日本シーサート協議会: CSIRT
https://www.nca.gr.jp/
FCSC 会員情報
https://www.nca.gr.jp/member/fcsc.html

今回は、シーサートについて簡単に紹介します。

CSIRTとは

CSIRTは、Computer Security Incident Response Teamの略であり、下記に説明があるとおり、コンピュータセキュリティのインシデント(情報漏えいやWebサイトの改ざんなど)に対処するための組織です。
https://www.nca.gr.jp/outline/index.html

CSIRTのR、Responseは、セキュリティインシデントか発生した際の対応を表します。一方で、RはReadinessも指すと言われており、セキュリティインシデントに備える平時の活動も重要視されています。

FCSCについて

FCSCは、自社のセキュリティレベル向上を目的として、2018年11月に設立されました。

FIXERは「cloud.config」というクラウドマネージドサービスを提供しています。

cloud.config [クラウドコンフィグ] 公式サイト
https://www.cloud-config.jp/

マネージドサービスでは、お客様の大切なビジネスをお預かりしていますので、お客様を守るためには、FIXER自身のセキュリティを向上させることが必要です。

FIXERは、これまでもセキュリティ関する様々な活動を行ってきましたが、より包括的・体系的なセキュリティ活動を行うために、FCSCを設立しました。

日本シーサート協議会について

日本シーサート協議会は、高度化・複雑化するコンピュータセキュリティインシデントに対し、CSIRT同士で連携することにより問題解決を図ることを目的として設立されました。

日本シーサート協議会とは
https://www.nca.gr.jp/outline/index.html

セキュリティにおいては、情報共有・組織間連携が非常に重要です。日本シーサート協議会では、加盟組織同士での緊密な連携を推進しています。

今や世の中は、クラウドファースト・クラウドネイティブな時代になりました。我々のビジネスや生活は、意識する/しないに関わらず、クラウドと密接に紐づいています。

FCSCは、クラウド時代に適したセキュリティ対策を実践し、発信していけるよう、尽力してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。